ACVストーリー00 eog4 - ぶろぐらりあっとぶーめらん -

ぶろぐらりあっとぶーめらん

eogな連中がアレコレを何たらするログだと思う

 
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


ACVストーリー00 eog4

ACV ストーリーミッション00




ストミ00 01
キャロル
 各機へ通達
 レジスタンスの主力部隊は、市外西部へと後退しています
 これを追撃し、殲滅すること
 以上が、あなたがたの任務です
 改めて申し上げますが。、我々は「企業」です
 対価に見合うだけの成果を挙げること、
 これは当然の義務だと、我々は考えます
 くれぐれも、そのおつもりで

 ご挨拶が遅れました
 本作戦遂行の補佐を担当いたします
 キャロル・ドーリーと申します
 お見知りおきを

 既に戦闘は始まっています
 活躍を期待します

ストミ00 02


-戦闘開始-

ストミ00 03

キャロル
 ルート情報を送信しました
 指定ルートに沿って、敵部隊を追撃
 これを殲滅してください

警備隊長
 ドーリー君、私だ
 主任はどこにいる?
 支援部隊の指揮を執る手はずではなかったか?

キャロル
 申し訳ありません、警備隊長殿
 あの方は、少々気まぐれでして
 腕は一流なのですが 困った方です

警備隊長
 「代表」は、期待を裏切られる事を、
 何よりもお嫌いになる
 一分たりとも、そのご期待に背くことがあってはならない

キャロル
 我々は、企業です
 対価に見合うだけの仕事は遂行いたします

警備隊長
 小賢しい女は好かんな

キャロル
 恐れ入ります

-進行-

キャロル
 敵部隊が逃走を図っています
 ルート情報を更新
 着陸している大型ヘリを撃破してください

-大型ヘリ破壊作戦に移行-

キャロル
 目標撃破
 次の目標までのルートを表示します

 目標撃破
 ルート情報を表示します

 ストミ00 004
レジスタンスリーダー
 貴様の相手は私だ、雇われ

キャロル
 敵ACを確認しました
 まだ我々に逆らうつもりですか
 既に勝敗は明らかだというのに
 作戦目標を変更します
 敵ACを撃破してください

ストミ00 05
レジスタンスリーダー
 強い…!
 貴様のようなヤツがいてくれれば…
 全ては、過ぎたことか

キャロル
 敵ACの撤退を確認しました
 取り逃がしましたか
 まぁ、いいでしょう

 作戦を継続します
 再度、大型ヘリの撃破に向かってください

-目標撃破-

キャロル
 目標を撃破しました
 これで作戦は終了です
 おつかれさまでした

主任
 キャロりん、聞こえる?

キャロル
 主任、いまどちらに?

主任
 敵のACが、東の地下道に逃げちゃってさ
 地下のゴミ虫どものリーダー
 そのルーキー、そいつ向かわせて
 いますぐ

キャロル
 現状のダメージでは、危険かと
 
主任
 あ、そうなんだ
 で?それが何か問題?

キャロル
 了解しました
 お聞きの通りです、作戦を継続
 地下道までのルートを表示します
 敵リーダーを追撃してください

ストミ00 06

 入り口をふさぐつもりですか
 無視して突っ切るのが、賢明ですが
 あれだけ低空なら、絶好のチャンスです
 片付けましょう

-地下道へ-

ストミ00 07
レジスタンスリーダー
 貴様か
 よく追ってきてくれた、感謝するぞ
 「代表」、見ているか!
 貴様の望みどおりだ!

ストミ00 08
レジスタンスリーダー
 だがそれでも…
 勝ったのは、我々だ!

ストミ00 09
ストミ00 10
ストミ00 11
(レジスタンスリーダーの背後からミサイルが着弾)
(突如現れた重量二脚ACが蹴飛ばす)

ストミ00 12
ストミ00 13
主任
 ハハハッ!見てたよ、ルーキー
 なかなか、やるじゃない?
 ちょーっと、時間かかったけどね
 まあ、ちょうどいい腕かな
 ゴミ虫の相手にはさ

警備隊長
 どうした
 トラブルか、主任?

主任
 下っ端がモタついてただけですよ、
 警備隊長殿

警備隊長
 撤収しろ
 報告は後ほど確認する

キャロル
 はい
 では、そのように


ストミ00 14
フラン
 リーダー、これから…
 合流地点に向かい…
 リーダーの指示…どおりね、
 別々に…逃げた…
 返事を…て…父さん…
 早く… …待っ…る…


シティを支配する「代表」とレジスタンス組織の抗争は
レジスタンスの敗北によって、その幕を降ろそうとしていた
虐げられ、地下へと追いやられていた人々は
屈辱の中、再び地下深くへと逃げ去るほかなかった。

大地は汚染され尽くし、残された僅かな土地に、
人々はしがみつくように生きていた。

そして、それでもなお、戦いは続いていた。





プロフィール

俺達EoG

Author:俺達EoG
独身貴族心得!
enjoy&exciting

eog3get
360が楽しいです
------------------------
eog4go
そんなんじゃお前この先生
きのこれないぜ

Twitter

eog4 < > Reload

FC2チャット
 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
 
 
 
ブログ内検索